アコールセレクト

年末アコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
今年もブログをお読みくださりありがとうございました。
2017年最後のブログでは、アコールセレクトをお届けしますね!
 
私が 森の食卓「彩音」のピアノ演奏でも大切にしているレパートリー曲の一つ、
「You Raise Me Up (ユー レイズ ミー アップ)」です。
歌ですが、歌詞の意味がわからないとしても、その世界は音楽に内包されていると感じます。
音楽から感化される気持ち…これからも皆さまに伝えていきたいです。
どうぞよいお年をお迎えください。来年のご訪問を心よりお待ちしております。
 
 

 
 

.

 
●12月25日更新 マイベストプロ コラム
ピアノで高める心の伸縮性

●マイベストプロ岡山 松浦容子
http://mbp-okayama.com/s-d-accord/

 
 

2017-12-30 | Posted in アコールセレクトNo Comments » 

 

秋のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
夏から秋へと、こんなに変わり目がはっきりしていたでしょうか?
急にクーラーがいらなくなりました。
「体の調子」と書いて「体調」…、気候の変化とうまく調子を合わせていきたいものですね。
 
夏は風鈴の音で涼を感じましたが、さて皆さん、秋はどんな音で何を感じますでしょうか?
楽曲にも、秋になると聴きたくなる曲、弾きたくなる曲があるかもしれませんね。
 
それでは久々のアコールセレクトとなりましたが、ジョージ・ウィンストンの
「オータム」より「あこがれ/愛」です。
 
 

 
 

2016-08-31 | Posted in アコールセレクトNo Comments » 

 

9月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
秋は好きな季節ですが、日暮れが早くなるのがどうも寂しいです。
 
今月は「秋のささやき」をセレクト。
リチャード・クレイダーマンの弾くピアノ曲です。
 
好みは分かれるところでしょうが、センチメンタルなメロディーが
よ~く響くように作られているので、弾いていておもしろいですよ!
 
 

 
 
 

2015-09-01 | Posted in アコールセレクトNo Comments » 

 

8月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
花火大会が各地で開催される今日この頃。
今月のアコールセレクトは、ドビュッシー作曲、前奏曲集第2巻より、第12曲「花火」です。
 
日本とはちょっと違う花火なのかな、なんて想像しながら聴くと、
見たこともない花火が頭の中で上がり始めます。
演奏は園田高弘さん。音で描く花火も技巧が凝らされていますね!
 
 

 
 

2015-08-03 | Posted in アコールセレクトNo Comments » 

 

7月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
7月ですね、やまももの実が初夏を告げています。
 
 
150701090
 
さて今月のアコールセレクトは、伊福部昭(1914-2006)作曲「七夕」です。
伊福部さんは「ゴジラ」の作曲者ですね。
 
「七夕」は伊福部さん19歳の作品「ピアノ組曲」の2楽章です。作曲は独学だそうですね。
耳慣れた響きとは違うかもしれません。この民族的な響きは、西洋和声の禁じ手と言われる
平行5度の音響… クラシック音楽以外の音楽に触れる機会も貴重ではないでしょうか。
 
 

 
 
それではまた明日。
 
 
 

2015-07-01 | Posted in 音楽, アコールセレクトNo Comments » 

 

6月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
15秒のCM曲です。
 

 
起承転結15秒でまとめてあるのがスゴい。弾いてみたくなりませんか?
 
それではまた明日。
 
 

2015-06-01 | Posted in アコールセレクトNo Comments » 

 

5月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
動植物の活発な活動が始まり、虫との遭遇率が増えております。
その相手が蜂の場合は、ただただ頭を低くして去っていくのを待つばかり… 叩き落そうとしたり、
追いかけたりしなければ人を刺すことはないそうです。
 
今月のアコールセレクトは、リムスキー=コルサコフ作曲/シフラ編曲、「熊蜂は飛ぶ」
唸りを上げる羽音、目にも留まらぬ速さです、ユジャ・ワンのピアノでどうぞ。
 
ではよい連休をお過ごしください。
 
 

 
 

2015-05-01 | Posted in ピアノ, 音楽, アコールセレクトNo Comments » 

 

4月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
アンジェラ・アキ の曲を弾いていると、ピアノに気持ちを託して生きてきたんだなぁと感じます。
今月のアコールセレクトは、アンジェラ・アキの「サクラ色」
2分51秒辺りの転調部分の壮大なアレンジ!これぞ音楽で景色を変える瞬間ですね。
 
それではまた明日。
 

 
 

2015-04-01 | Posted in ピアノ, 音楽, アコールセレクトNo Comments » 

 

3月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
夜明けが早くなりましたよね。太陽光で目覚めたいタイプの私には、
起床しやすい季節がやっときたという感じでしょうか。
「朝を制する者は人生を制す」という言葉もあります、毎朝を気持ちよく過ごしましょうね。
3月のアコールセレクトは、グリーグ作曲 ペールギュント組曲より「朝」です。
弾いていると、身体のすみずみまで新鮮な空気に満たされる気分です。
 
それではまた明日。
 

 
 

2015-03-02 | Posted in 音楽, アコールセレクトNo Comments » 

 

2月のアコールセレクト

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
今月のアコールセレクトは、生誕330年を迎えるイタリアの作曲家、
ドメニコ・スカルラッティ(1685~1757)の曲です。
スカルラッティは、バロック期を代表するバッハ、ヘンデルと同じ頃に活躍。
ポルトガル王宮廷礼拝堂楽長としてリスボンに移住し、そこで王女マリア・バルバラの
チェンバロ教師になります。
王女のための555曲の練習曲は、テーマ性の展開から後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれています。
その中からソナタ ニ短調「田園」。アメリカ出身イギリスのピアニスト、
マーク・スワーツェントルーバーの演奏でどうぞ。
 

 
王女がスペイン皇太子と結婚するときには同行しマドリードの宮廷で30年近くを過ごし、
その地で亡くなったスカルラッティ。
王女の練習曲…と思って弾いてみるのも楽しいかもしれませんね。
 
 
それではまた明日。
 
 

2015-02-02 | Posted in ピアノ, アコールセレクトNo Comments »