2018-07

レッスン風景

こんにちは。
~ピアノとの素敵な出会いを~ サロン・ド・アコールの松浦容子です。
 
このたびの豪雨により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

厳しい暑さが続いております。どうぞお気をつけくださいませ。

レッスン中、楽譜とにらめっこで肩が上がってきて呼吸も浅くなってくる生徒さんがいます。
一生懸命なことはいいことです。でもちょっと肩の力を抜いたくらいがピアノが
弾きやすくなったりするんですね。
レッスンの中で会話はありますか?音楽の原点である歌は歌っていますか?
発言、発声のあるレッスンは空気が和みますね。

それから…先日、小学1年生の生徒さんのレッスンで今の季節の日本の曲「たなばたさま」を
弾いてみよう!ということで、楽譜無しで途中までメロディを探して弾いてみました。
急に集中力のレベルが上昇。翌レッスンにて、「メロディの続きは家でおばあちゃんと見つけたよ」、
と喜んで披露してくれました。自然と心のこもった音楽になっていましたね。
ピアノを介して家族で音楽を楽しんでほしいと思います。
次の課題は「海」。どうなったかな。
 
 

 

.

 
 
●6月25日更新 マイベストプロ コラム
ピアノの呼吸

●マイベストプロ岡山 松浦容子
http://mbp-okayama.com/s-d-accord/

 
 

2018-07-20 | Posted in レッスンNo Comments »